« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の10件の記事

2011.07.26

マダガスカルジャスミン

つるを長く伸ばす熱帯性の常緑低木です。
20110725_1

いわゆるジャスミンとは、モクセイ科のハゴロモジャスミンのことで、春先に花を咲かせますが、これはガガイモ科の全く違う植物です。
花の形が似ていることや、つる性であること、うっすらと香りがするのでこんな名前がついたんでしょうね。
ハゴロモジャスミンと比べると、葉が分厚くて花も大きいです。
本当はハゴロモジャスミンがほしかったんだけど、花の時期が春先なんで、今はどこにも売ってないのです。
20110725_2

つる性なのでこんな風にアーチに巻き付けるのが良いみたいですが、これを買った花屋では、3mくらいに伸びたつるを壁や棚にふわりとかけていました。
きっとコイツもほどいたら3m近くなるかも~。

それにしてもいつも気になるのが、花屋で買ったときの鉢の小ささ。
植物が立派に見えるよう、わざと小さめの鉢に入れて売っているという噂を聞いたことがあるんですが、このマダガスカルジャスミンの鉢の小ささは少し極端に小さいんですよ。
当然土の量も少ないから、またもや重心が高くて風の強い日は外に出しておけません。
本当は真夏に植え替えはあまり良くないんだけど、ちょっと急を要する感じなので、週末にでも植え替えようと思ってます。

こんな説明文がついてきたよ。
20110726

| | トラックバック (0)

2011.07.25

沿岸の鉄道は復活できるのか

もう震災の話は食傷気味かも知れませんが、戦い続けてる人がいるうちは、まだまだ続けます。
ただ、ごめんね、岩手の話ばっかりになっちゃうけど。

3月11日の大津波によって、三陸沿岸の鉄道も大きな被害を受けました。
岩手県の沿岸には、JRと第3セクターの鉄道が敷かれています。
上からJR八戸線(八戸-久慈)、三陸鉄道北リアス線(久慈-宮古)、JR山田線(盛岡-釜石)、三陸鉄道南リアス線(釜石-盛)、JR大船渡線(盛-一関)の5路線。

このうち、南北リアス線では全線107.6キロのうち、7割にあたる71.4キロが今でも不通、JRは全線が不通になっていますが、八戸線は8月8日に階上-種市間が再開する予定だそうです。

津波や、その後の大火によって流失・焼失した駅は実に11駅。
Photo

沿岸と言っても、この地方独特のギザギザの海岸線のおかげで、断崖が海の目の前まで迫っているので、線路は海と山の間を走っていて、意外と山の中やトンネルの中ばっかり走ることも多いんです。
だから、リアス線に乗ってて海が見えるとちょっと嬉しくなったり。
ただ、駅は人が多い港や海岸沿いに作られることが多く、また、海のそばを通る橋はほぼ全てが橋脚ごと流されたり、ひび割れや鉄筋の破断が起きてそのままでは使えなくなりました。

ほとんどの路線で、運転再開の目処は立っていません。


しかし、鉄道会社は負けていませんでした。
県内全路線を責任持ち復旧 JR東日本・原口常務:岩手日報・経済

三陸鉄道、14年4月の全線運転再開めざす 3段階で復旧  :日本経済新聞
JRも三陸鉄道も、数年内に全線復旧を目指すと宣言したのです。

この元気はすっごく良いし、前向きに考えるのもすばらしいことだ思うんだけど、「復旧させる」根拠はあるのかな・・・。

沿線の自治体は線路を内陸部や高台に移すことを含めた復興計画も提案しており、路線を変更すれば、JR、三陸鉄道、合わせて1000数百億円がかかると見込まれています。

JRの路線はきっと、JRが総力をあげて復旧させるのかも知れないけれど、問題は第3セクターの三陸鉄道。
私も北リアス線は乗ったことがあるんですが、夏の一番良い季節なのに、乗ってるのは私たち以外は学生しかいませんでした。
前から赤字路線でせんべいとか売ってたのに、これから復旧なんて可能なんだろうか、とても心配になってしまうのです。

私が通った場所だけでこの状態です。
がんばれとか、国が援助してとか、それ以前に本当に復旧が可能なのか、また復旧したところで、もう沿岸には住みたくないと離れていく人が後を絶たない今、採算を取れる路線になれるのか。
後ろ向きでとても申し訳ないけれど、現実として「本当にできるのか」と暗澹としてしまうのです。

津波後に火が出て焼け野原になった大槌(おおつち)町。
赤い矢印のあたりがおそらく線路があったところ。
以前は家が建ち並んでいたので、この場所から線路は見えませんでした。
大槌町

JR山田線、鵜住居(うのすまい)駅そばの高架橋。
橋の上も、家が横倒しになってるとこも、元は線路でした。
鵜住居駅そば

三陸鉄道南リアス線の平田(へいだ)駅。
こんな風に高台にある駅も多く、平田駅も無事でしたが、駅の下はこのとおり残骸だらけで周囲の線路は完全に寸断されています。
ちなみに、遠くの山に見える白く背の高いものは、過去の津波で犠牲になった人を悼んで造られた釜石大観音像。
平田駅

JR大船渡線大船渡駅近くの線路。
だいぶ綺麗にはなっていますが、線路はゆがんで軌道からはずれ、錆び付いて使い物にならないでしょう。
周囲の家も、2階まで水が来た跡があって、良く立ってられると思うほど傷んでいます。
大船渡駅そば

| | トラックバック (0)

2011.07.24

簿記の途中経過

もしかして、ほとんどの人は「もう秋田だろ」とか思ってませんか???
ちゃんと続いてますよ~。
ボキボキッと簿記受けちゃうぞ!: SHINOblogで宣言した簿記3級受験、今でもちゃんと毎日勉強してます。
ようやく決算についての勉強を始めたところですが、とりあえず仕訳そのものがあやふやなので、試算書(まだ精算書は勉強してない)を書くのに何時間かかってんだ、という感じです(汗)。
ぶっちゃけ、簿記とか経理とかって全くノータッチ分野なんで、仕訳帳とか精算書なんて見たこともないんですよ、それ以前に存在さえ知らなかったし。
なんで、勉強しててもいまいちピンとこないんですよね・・・。
本当にこんなんで受かるんだろうか。

試験日は11月20日。
あと4ヶ月でどこまでいけるかな??


でさあ、どうしても分からないことがあるんですよ。
あのね、為替手形ってあるじゃないですか。
A店の買掛金の決済のため、B店宛、C店受取の為替手形を振り出して、B店の引き受けを受けてC店に渡した。とかってやつ。
これって、A店の仕訳は(借方)買掛金:(貸方)売掛金になるでしょ。
そうなると、補助簿は買掛金元帳に記入することになるの?
受取手形記入帳とか支払手形記入帳ではないの?

こんなの商業高校の生徒とかなら、サクサクッと解いちゃうんだろうなあ。
1回読んだだけでは頭に入らない自分が情けないですが(大汗)、なんとかがんばるよ!

| | トラックバック (0)

2011.07.19

このサボテンどうなっとるん?

我が家でおそらく一番歴史の長いサボテンです。
ちょっと立派でしょ

買ったときは、3センチくらいの小さい玉で、接着剤で固めた土に植えられてました。
あのさあ、接着剤みたいので固められてるサボテンってなんなの?育てる気ないの?
これを竹ぐしとかでホジホジして新しい土に植え替えて、なんだかんだでもう20年近くいるんだけど、なんと花が咲いたのは初めて(笑)。
3回の引っ越しを経験したんですが、最初の数年は全く日が当たらないとこにいたので、おそらくそれが悪かったんだろうなあ。
それに植え替えもほとんどしたことないし。

そして、その黒歴史が彼に過酷な試練を与えるのです。
日が当たらないとこに長年いたせいで、こんなグログロな姿に(涙)。
キモコワ

これって、頭の丸いとこから切り取って植え替えるとかできないんかな。
重心が高いから、ちょっと風が吹くと転んでしまうのですよ(涙)。
それに、そろそろ細いとこからポッキリ逝きそうな予感もするし。

と思ってググッたら、出てくる出てくるみんなやっとった!!!
伊豆シャボテン公園:植替えの方法
なんと、サボテンって途中から切って植え替えることもできるし、違うサボテン同士を接ぎ木してオリジナル(!)サボテンを作るなんてこともできるそうです。
・・・ちょっとエグいかも・・・・。
なんか、植物って本当にすごいというか、切ったとこから根が生えるとか増えてくとか、動物の私から見るとリアルに化け物ですよ(汗)、おまえはピッコロ大魔王かと。

植え替えの時期は春秋が適してるらしいので、暑さがおさまったあたりでトライしてみようと思います。

| | トラックバック (0)

2011.07.18

負げねっすよ釜石

先週、埼玉に住む叔母が釜石に帰省してきて、お土産?にいただきました。
どこで誰がどういう形で作って配ってるのか、叔母も知らないそうですが(笑)、けっこうたくさん配られたようです。
字が下手クソな気もしなくもないですが(笑)、「負げねっすよ釜石」の文字が力強いです。
負げねっすよ釜石

叔母の実家も鉄骨だけ残して流されてしまったので、別な親戚の家に泊まったそうです。
震災以来、今回が初めての帰省で、写真などでは見せられていたけど、やっぱり現実を認めるのがつらくてなかなか帰ることができずにいたそうです。
家が骨組みだけになってるのを目の当たりにしてショックを受けたら大丈夫かなと、私も心配してたんですが、意外にも元気に帰ってきて、「赤い旗(撤去して良いという印)が立ててあったのを見てむしろ肝がすわった」としっかりした声で話してくれました。

そして、ちょっぴり良い話を教えてくれました。
釜石にはコンビニのローソンが何件かあるのですが、当然ながら、海の近くにあった店舗はほとんど破壊されてしまいました。
しかし、どうやらローソンは全てを再建するつもりのようです。
これは5月6日に撮影した、釜石市平田という場所にあるローソン。
平田

手前に転がってる鉄柱2本は、元信号だったもの、今でも電気は来てないそうです。
店舗も壁だけ残して中身が全部なくなっていますが、これも再開することが決まっています。
市街地の商店街にあるローソンも店舗の中が水びたしになったけど、既に開店しています。
そして同じく釜石市の鵜住居町というとこにあったローソンが一番ひどくて、こっちは建物自体がなくなってしまったけれど、そこもどうやら建て直すようです。

体力のあるところから、徐々に復興の足場を固めつつあるようです。
今は、国会が被災地どころじゃないので、みんながいろいろ復興計画を考えても、予算が立たず、復興以前に瓦礫の撤去自体がなかなか進んでいませんが、民間はできるところから手をつけています。

私たちは、お盆に釜石に行ってきます。
少しは片付いた町を見られるのかな。

| | トラックバック (0)

2011.07.15

トマトとバジルの何か

先週、会社の同僚からお裾分けしてもらったトマトです。
20110711_1
本当なら半月前にはこれくらいの大きさになっているべきなんでしょうけど、いただいたのが少し遅かったので、まだ小さいのが1個しかなっていません。
20110711_2
写真だと大きそうに見えるけど、実際はやっと2センチ越えたくらい。

そしてこれは、ペットボトルのオマケについてきたスイートバジルの種を植えたもの。
20110702_3
1週間くらいでこんな感じになりましたよ。

20110711_3
間引きしたので少なくなったけど、全員別な鉢で元気にしています。

我が家ではトマトとバジルを使った料理を8月頃にいただける訳です。
トマトあと2個くらいほしいなあ(笑)。

何の料理になるかは、そのときのお楽しみ。
ただ切ったり千切っただけの「トマトとバジルのサラダ」になる予感もプンプン(笑)。

| | トラックバック (1)

2011.07.10

6月の我が家の消費電力

みなさん、節電の効果はあがってますか~?
今年は6月から暑かったので、いきなりつらかったですね。

我が家の7月請求分(6月3日~7月4日)の使用量は256kwh。
そして、去年の7月請求分は265kwh。
約9.67%下がったことになります。

・・・でもこれ、単純に誤差のような気もしています。
去年の6月は家に帰るのが早かったとか、休みの日はあまり外出してなかったとか、その程度の理由じゃないかなと。

だって、実感として「うおおおお~節電したぞ~~!」という感じじゃなかったのです。
確かに、廊下と風呂と脱衣所の照明をLEDにはしたけれど、ああいうとこって何時間も電気つける場所じゃないですもんね。
リビングはずっと前から蛍光灯型電球2個で薄暗いし、炊飯器はもう何年も使ってないし、6月は去年だって冷房なんか使ってないし。

おそらく、これから暑さをどう我慢できるかが、課題になってくるんだろうなあ。

実は私の会社、こないだまでちゃんとエアコンを28度設定にしてたんです。
んでも、この暑さで具合が悪くなる人が出てから、誰かが26度に下げたようです、そして誰も28度に戻そうとしていません(笑)。
こうやって、我慢しきれなくなったところから、徐々に脱落していくのかも知れません。
特に罰則のない小さい会社なんかは、完全にそれぞれの意識にかかってますもんね。

6月の頭くらいは、東京電力の供給量は4000万kw台でしたが、徐々に増えてきて、今は平日なら5100万kwを超える日も出てきました。

私の両親には「無理をしないでエアコンを使え」と言っています。
年寄りは温度変化に鈍感だし、無理して面倒なことになってはそれこそ本末転倒だし。

節電にがんばるのもすばらしいことだけど、みなさんもどうか、決して無理はしないでください。
つらいなと思ったら、我慢しないで、あなたとあなたの家族の健康を一番に守ってください。

釜石も今日は35度を超えたそうです。
あの薄っぺらいプレハブの家で、それでも節電しようとがんばっているみんながとても気がかりです。

| | トラックバック (0)

2011.07.09

ありがとうスペースシャトル

日本時間の7月9日0時29分、スペースシャトル・アトランティスが、最後のミッションに出発しました。
私もさっきまでNASAのUSTREAMで見て、きっちり泣きましたよ~(笑)。
発射31秒前に、なぜかカウントダウンが1分ほど止まっちゃったんだけど、この日は天候があまり良くなくて、本当にぎりぎりまで悩んでいたようです。
オレンジ色の燃料タンクに取り付けられたカメラが打ち上げ10分後に切り離され、ゆっくりとシャトルが遠ざかっていくのを見届けて、私もようやく落ち着きました(笑)。

あの巨大な航空機型の宇宙船が轟音と共に飛び立つ姿はもうこれで見納めです。

実は今回の打ち上げは、前回のエンデバーの緊急用に整備していたものでした。
万が一の場合、アトランティスもスクランブル体制で発進準備していたのですが、無事緊急出動することもなく済んだようです。
んでも、せっかく用意してたんだから、ついでに打ち上げちゃえ、ってことになったようですね。
これがスペースシャトル・システムとして最後のフライトになりました。

本当に長いこと、このSHINOblogでもスペースシャトル・システムを話題にしてきました。
人が乗るオービターだけでなく、エンジンタンクまでリサイクルすること、
打ち上げ時にシャトルがはき出す煙は、実は煙ではなく大量の水(水蒸気)であること、
帰還するときは、あまりに高速で、まるで墜落するように帰ってくるので、激しいソニック・ブーム(ドンドン!と爆発音が2~3回鳴る)が起きること、
フロリダに帰ってこれなかった時は、他の空港から飛行機におんぶされて帰ってくること、
ソ連でも、同時期にリサイクル型のロケットを開発してたこと、
もう、ワクワクしながら記事にしたもんです。

ありがとうアトランティス
Image Credit: NASA/Bill Ingalls

さて、スペースシャトルはエンタープライズ、コロンビア、チャレンジャー、ディスカバリー、アトランティス、エンデバーと、全部で6機造られました。
初号機エンタープライズは離着陸試験のために造られたので宇宙には行っていません。
チャレンジャーは1986年、リフトオフ直後に爆発事故を起こし、コロンビアは2003年に空中分解しています。
現在残っているのはディスカバリー、アトランティス、エンデバーの3機。
いずれも退役後の行き先が決まっています。

ディスカバリー:ワシントンDCのスミソニアン国立航空宇宙博物館別館スティーヴン・F・ウドヴァーヘイジーセンター
エンデバー:ロサンジェルスのカリフォルニア科学センター
アトランティス:フロリダのケネディー宇宙センター
なお、現在スミソニアン博物館に展示されているエンタープライズ号は、ニューヨークのイントレピッド海上航空宇宙博物館に移動するそうです。

そして、どの博物館もシャトルたちを大歓迎しています。
Press Release: Space Shuttle Discovery Joins the National Collection
(スティーヴン・F・ウドヴァーヘイジーセンター)
Space Shuttle Endeavour
(カリフォルニア科学センター)
There's No Space Like Home. Welcome Home, Atlantis!
(ケネディー宇宙センター)
Enterprise to Land at Intrepid!
(イントレピッド海上航空宇宙博物館)

NASAのこちらのページで、各機が展示される場所をGoogleMaps上で見ることができますよ。
NASA - Retired Space Shuttle Museum Locations

| | トラックバック (0)

2011.07.03

ボキボキッと簿記受けちゃうぞ!

今やってる仕事と何の関係もないし、そういう仕事に就こうと思ってる訳でもないんですが、簿記検定3級を受けようと思います。
正直、経理ってまるで知らなくって、ちょこっと本見て、「当座預金」がどういうものなのか初めて知った私ですが(大汗)、こんな私でも受かるでしょうか(涙)。

直近の試験日は11月20日。
まだ4ヶ月以上あるので、「仕訳ってなに?」な私でも今から必死にやればなんとかなるかも知れません。
とりあえず、買い物をするたびに「これが仕入れだったとしたら、借方に『仕入』、貸方に『現金』」と呪文を唱えて涙ぐましい努力(大汗)をしています。

簿記検定受けたことある方がいらしたら、勉強のコツとか教えてもらえると嬉しいです、お薦めの書籍とか。

こないだ某通信教育のパンフは取り寄せたのだけど、ダンナさまから「そこまで金使わなくたって独学でできるよ」と言われたので、市販のテキストと、あと、ニンテンドーDSの検定用ソフトも買いました。
このソフトが意外とバカにできないというか、けっこう分かりやすいんだ。
今のところ、毎日30分~1時間くらい勉強してるかな、あと、電車の中で本読んだり。
そういえば、ネットで通信教育のパンフ取り寄せてから、ブラウザにやたら「簿記検定」の広告が出るようになったのって気のせい???


・・・え?
「だいぶ前にアロマ検定受けるとか言ってなかったか?」って???
・・・そんなこと言ったっけ?
そそそそれは、目処がついたら受けると言ったのであって、今すぐ受ける訳じゃありませんよ(オマエはカンさんか)。

勉強に疲れたら、まんべくんのtwitterを見るよ。
まんべ国際空港。だってまんべくんが掲載して良いって言ったんだもん

| | トラックバック (0)

2011.07.02

がんばれメカブ

今日買ったメカブは韓国産でした。
20110701_1

製造者は、宮城県石巻市にある水産加工会社。
20110701_2

私も悲しいけど、一番悔しいのはこの加工会社さんだと思います。
自分の土地で作ったメカブを加工できないんだもの・・・・。

私はワカメとメカブが大好きで、長持ちする塩蔵ワカメは、帰省したときに釜石駅前のシープラザ釜石や、サンフィッシュ釜石で買って帰ってました。
近所のスーパーで売ってるワカメだって三陸産だけど、やっぱり地元で買うワカメの方が、肉厚でとってもおいしいのです。

津波でワカメたちもみんな流されてしまいましたが、海は広いな大きいな。
あれほど大量の瓦礫と重油がまき散らされたのに、4月に釜石に行ったとき、海はもういつもの穏やかな太平洋に戻っていました。
もちろん、本来の海に戻るのはもっと時間がかかるだろうけれど、すでに岩手県沿岸部ではワカメ養殖の再開に向けて動き出しています。

全19漁協が養殖ワカメ再開へ 来春の収穫目指す:岩手日報

そういえば、私たちが岩手に向かって高速を走っているとき、小型漁船を載せたトラックを何台も見かけました。
中古を買ったか、もしかしたら他の地方から譲り受けたのかも知れません。

いつか必ず、そう、来年の春には三陸産のワカメを食べられるようになります。
それまで、ちょっと寂しいけれど、この外国産のメカブをいただきます。

| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »