« トマトとバジルの何か | トップページ | このサボテンどうなっとるん? »

2011.07.18

負げねっすよ釜石

先週、埼玉に住む叔母が釜石に帰省してきて、お土産?にいただきました。
どこで誰がどういう形で作って配ってるのか、叔母も知らないそうですが(笑)、けっこうたくさん配られたようです。
字が下手クソな気もしなくもないですが(笑)、「負げねっすよ釜石」の文字が力強いです。
負げねっすよ釜石

叔母の実家も鉄骨だけ残して流されてしまったので、別な親戚の家に泊まったそうです。
震災以来、今回が初めての帰省で、写真などでは見せられていたけど、やっぱり現実を認めるのがつらくてなかなか帰ることができずにいたそうです。
家が骨組みだけになってるのを目の当たりにしてショックを受けたら大丈夫かなと、私も心配してたんですが、意外にも元気に帰ってきて、「赤い旗(撤去して良いという印)が立ててあったのを見てむしろ肝がすわった」としっかりした声で話してくれました。

そして、ちょっぴり良い話を教えてくれました。
釜石にはコンビニのローソンが何件かあるのですが、当然ながら、海の近くにあった店舗はほとんど破壊されてしまいました。
しかし、どうやらローソンは全てを再建するつもりのようです。
これは5月6日に撮影した、釜石市平田という場所にあるローソン。
平田

手前に転がってる鉄柱2本は、元信号だったもの、今でも電気は来てないそうです。
店舗も壁だけ残して中身が全部なくなっていますが、これも再開することが決まっています。
市街地の商店街にあるローソンも店舗の中が水びたしになったけど、既に開店しています。
そして同じく釜石市の鵜住居町というとこにあったローソンが一番ひどくて、こっちは建物自体がなくなってしまったけれど、そこもどうやら建て直すようです。

体力のあるところから、徐々に復興の足場を固めつつあるようです。
今は、国会が被災地どころじゃないので、みんながいろいろ復興計画を考えても、予算が立たず、復興以前に瓦礫の撤去自体がなかなか進んでいませんが、民間はできるところから手をつけています。

私たちは、お盆に釜石に行ってきます。
少しは片付いた町を見られるのかな。

|

« トマトとバジルの何か | トップページ | このサボテンどうなっとるん? »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/52236798

この記事へのトラックバック一覧です: 負げねっすよ釜石:

« トマトとバジルの何か | トップページ | このサボテンどうなっとるん? »