« サボさんその後 | トップページ | ほどいてゲーム »

2011.10.09

来年の5月に金環食があるよ(もち日本!)

突然ですがみなさん、来年2012年の5月21日月曜日は有給をとるか、午前休をとるか、ちょっと遅刻してください(笑)。
この日の朝、日本の太平洋沿岸各地で金環食を見ることができますよ。

なんとまあ4年半前に紹介したときは「それまでこのブログが続くかどうか」とか言ってたのに、なんだかんだで細々と続いてました(笑)。
プチ日食・プチ月食: SHINOblog

東京の場合、6時20分ごろから欠け始めて、7時30分に金環食になります。
金環食は5分間ほど続いて、9時頃に食が終わります。
こんな日に仕事なんかしてられません(笑)、そろそろ話題になる頃なので、他の人に先を越されないよう今のうち(笑)に21日の休みをリザーブしておきましょう。

ちなみに、完全な金環食が見られるのはこの地図でピンク色の帯の範囲内になります。
それでも帯から離れた北海道でも8割が欠けるので、ほぼ全国的に楽しむことができますよ。

各地の日食の欠け具合や時間は、北海道大学が運営するこちらのサイトで調べることができます。
日食情報データベース

いつものGoogleMapsと違って、拡大縮小は左上のボタンでやってね(移動はドラッグでできるよ)。
知りたい場所をクリックすると、その場所の緯度経度が出るので「OK」をクリックします。
するとマップの下に緯度経度の情報が入力されるので、「欠け具合は?何時頃に?」をクリック。
すると、欠け始める時間や高度・方角を確認できます。
日食の見え方もflashアニメで再現されるので、今から想像してワクワクできちゃいますよ~。

余談ですが、日食には皆既食と金環食があります。
皆既食は太陽が遠く(月が近く)にあるときに起きるもので、月と太陽の見かけの直径がほぼ同じになります。
なので、太陽が月の裏にすっぽりと納まって空も真っ暗になるんですね。
そして、出てくるときは日の出のように輝いて、あのダイヤモンドリングが見える訳です。

金環食は太陽が近く(月が遠く)にあるときに起きるもので、月の見かけの直径より太陽の方が大きくなるんですね。
だから、完全に隠れても太陽の輪郭が金の環のように見えるのです。

そんなわけで、今回はダイヤモンドリングは見えないけれど、きっと日本全国が暗くなるんでしょうね。
完全に太陽が隠れると、鳥や動物たちも落ち着かなくなって、寝る準備を始めたりするそうです。
そんな外の様子を観察するのも楽しいかも知れませんね。

|

« サボさんその後 | トップページ | ほどいてゲーム »

宇宙・星」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12358/52943027

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の5月に金環食があるよ(もち日本!):

« サボさんその後 | トップページ | ほどいてゲーム »