« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の7件の記事

2011.10.31

サボさん生き返る

なんと、9月4日に頭切られてたんですねえ。
サボさんの「オペレーション植え替え」!: SHINOblogで首ちょんぱされた我が家のサボテン。
あれから2ヶ月も放置されていたサボさんですが、全く何の変化もなく枯れるでもなく、本当はサボテンてエアープランツなんじゃないかってくらい不気味な存在でした。

このまま2ヶ月だよ、どうなのよ。

切り取って最初の1ヶ月は日の当たらない場所に置いてたんですが、10月半ばあたりから日当たりの良い場所に移動していました。

そして、こないだの土曜日、ついに土に帰りましたよ!!

かわいい鉢を手に入れたので、オシャレにもなりました。
20111031_1

これでようやく植物っぽくなりました。


オマケ:もう15分くらいしかないけれど、ハッピー・ハロウィン!!
20111031_2

| | トラックバック (0)

2011.10.27

LEGOの落水荘

建築ファンのみなさん、お久しぶりです(笑)。
今日の建築は超巨匠の作品ですよ~。
もうだいぶ前のことなんですが、ダンナ様がLEGOブロックを買ってきてくれました。
それがこれ。
20111026_01

もーーー!この写真を見て失神するくらいじゃなきゃ建築ファンとは言えませんよ(爆)。
フランク・ロイド・ライトが設計したカウフマン邸(落水荘)です。
本物の写真はウィキメディアコモンズからいただきました、なんか見たことない?
キユーピーのテレビコマーシャルで福山くんがサラダ食ってるのがここですよ。
766pxfalling_water_01

ブロックの山と、ちょっと立派なマニュアルが入ってます。
20111026_02

土台を造ったとこ。
20111026_03

バーン!完成です!!
20111026_04

この角度から撮ると、なんとなくそれっぽい?
20111026_05

似たような角度から撮った写真がウィキメディアコモンズにあったよ。
20111026_06


彼に関しては、みなさん言いたいことが山ほどあると思うし、私もそうなので(笑)、略歴だけにしておきます。

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright、1867 - 1959)
アメリカを代表する建築家。そして私が一番好きな外国の建築家。

代表作品は、なんと言ってもこの落水荘でしょう。
他にもプレイリースタイル(草原様式)と言われるロビイ邸、ニューヨークのグッケンハイム美術館(MIB1の冒頭でウィル・スミスが宇宙人を追いかける美術館はここです)など、個性的でアクの強い作品を多く残しています。
また熱狂的な日本ファンでもあり、浮世絵の蒐集家としても有名です。
私としては、ライトは日本建築(書院造)から多大な影響を受けていると確信しているのですが、ライト自信は「それはない!!」と言っていたようです(そう言ってたってことは、要は他の人たちから同じことを言われたことがある、と)。
日本でも、旧帝国ホテルや山邑邸(現 ヨドコウ迎賓館)などを設計しており、旧帝国ホテルは愛知県の明治村にエントランスが保存され、神戸に現存するヨドコウ迎賓館は一般公開されています。
もちろん両方行って泣きましたよ。
コルビジェやミースもいいけど、やっぱり私はライトのこってりしたデザインの方に愛着を感じてしまうのです。

| | トラックバック (0)

2011.10.17

簿記受験勉強がんばり中

7月に、ボキボキッと簿記受けちゃうぞ!: SHINOblogで受験宣言した私ですが、ちゃんと今も勉強してますよ(当たり前か)。
試験日は来月11月20日、なんだかんだであと1ヶ月となりました。

仕事しながらだとなかなか時間が取れないんですが、電車の中とかお昼休みをフル活用して、意外にも(笑)ちゃんと勉強してましたともさ。
で、先月から市販の模試本を買って、予想問題に取り組むようになりました。

本試験は制限時間2時間、100点満点の70点以上取得で合格となります。
先月同じ条件で家で模試したところ、2時間では半分しか答えを書けなくて、なんと52点でした(爆)。
合格するとかいう以前に、時間が全然足りないのね~。

でも、この週末にやったら、なんと!90点取っちゃいました!!
ただこれは、たまたま問題が簡単だったせいもあるし、自宅で緊張もなく集中してできた、というのも大いにあると思うんで、本番はもっとシビアな条件になると思います。
試験なんて、MOS以来3年ぶりくらいだし・・・。

そんな訳で、ただでさえあまり更新頻度の多くないブログが、今後もっと少なくなると思いますが、合否が出たら正直に(笑)発表しようと思ってますよ~。

| | トラックバック (0)

2011.10.13

ほどいてゲーム

今回のゲームは、Color Tangle(直訳すると「色のもつれ?」。
要はほどいていくゲームです。
Color Tangle

画面右下の「PLAY GAME」が赤に変わったら、そこをクリックして「PLAY」でスタート。
20111013_1_2


両端に玉のついた棒がからまっているので、これをうまくほどいてバラバラにしていきます。
20111013_2

ほどけた棒は消えるので、全部消したら一面クリア。
同じ色のヒモと玉だけが、お互いを通すことができますよ。
見た目ほど難しくないので、昼ゲーにはちょうど良いかもね~。

こんなにもつれてるけど、思ったより簡単。
20111013_3

| | トラックバック (0)

2011.10.09

来年の5月に金環食があるよ(もち日本!)

突然ですがみなさん、来年2012年の5月21日月曜日は有給をとるか、午前休をとるか、ちょっと遅刻してください(笑)。
この日の朝、日本の太平洋沿岸各地で金環食を見ることができますよ。

なんとまあ4年半前に紹介したときは「それまでこのブログが続くかどうか」とか言ってたのに、なんだかんだで細々と続いてました(笑)。
プチ日食・プチ月食: SHINOblog

東京の場合、6時20分ごろから欠け始めて、7時30分に金環食になります。
金環食は5分間ほど続いて、9時頃に食が終わります。
こんな日に仕事なんかしてられません(笑)、そろそろ話題になる頃なので、他の人に先を越されないよう今のうち(笑)に21日の休みをリザーブしておきましょう。

ちなみに、完全な金環食が見られるのはこの地図でピンク色の帯の範囲内になります。
それでも帯から離れた北海道でも8割が欠けるので、ほぼ全国的に楽しむことができますよ。

各地の日食の欠け具合や時間は、北海道大学が運営するこちらのサイトで調べることができます。
日食情報データベース

いつものGoogleMapsと違って、拡大縮小は左上のボタンでやってね(移動はドラッグでできるよ)。
知りたい場所をクリックすると、その場所の緯度経度が出るので「OK」をクリックします。
するとマップの下に緯度経度の情報が入力されるので、「欠け具合は?何時頃に?」をクリック。
すると、欠け始める時間や高度・方角を確認できます。
日食の見え方もflashアニメで再現されるので、今から想像してワクワクできちゃいますよ~。

余談ですが、日食には皆既食と金環食があります。
皆既食は太陽が遠く(月が近く)にあるときに起きるもので、月と太陽の見かけの直径がほぼ同じになります。
なので、太陽が月の裏にすっぽりと納まって空も真っ暗になるんですね。
そして、出てくるときは日の出のように輝いて、あのダイヤモンドリングが見える訳です。

金環食は太陽が近く(月が遠く)にあるときに起きるもので、月の見かけの直径より太陽の方が大きくなるんですね。
だから、完全に隠れても太陽の輪郭が金の環のように見えるのです。

そんなわけで、今回はダイヤモンドリングは見えないけれど、きっと日本全国が暗くなるんでしょうね。
完全に太陽が隠れると、鳥や動物たちも落ち着かなくなって、寝る準備を始めたりするそうです。
そんな外の様子を観察するのも楽しいかも知れませんね。

| | トラックバック (0)

2011.10.07

サボさんその後

以前、サボさんの「オペレーション植え替え」!: SHINOblogで紹介した我が家のサボテン。
頭だけ残して切り落とすという大作戦を敢行したサボさんですが。

切り口を清潔に保って乾燥させるために、切ったまま土にも植えず、水も与えず日陰の部屋に放置して1ヶ月。
もしかして、みなさん
「枯らしたな」とか思ってませんか?

現在のサボさんの状態です。
20111006_1

ちなみにこれが1ヶ月前の状態。

見事に何も変わっていません(爆)。
すごいねえ、この状態で1ヶ月ですよ、ジャガイモだって1ヶ月も放置されたらシワシワになっちゃうのに。
ヘタしたらこのままでも元気に生き続けるんじゃないかと思ってしまいそうです。

切り口はこんな感じで、割と綺麗に保たれてるかな。
よーーーく見ると、切り口に小さな突起が。
どうやら根っこが生え始めましたよ~。
20111006_3

ここまで来れば、明るい部屋に移して光合成を促してあげると良いみたいです。
ただ、屋外に出すと、切り口に雑菌が入ることもあるらしいので、完全に乾いて根がしっかり伸びるまでもうちょっとガマンです。

| | トラックバック (0)

2011.10.02

恐竜博2011

まもなく終了ってときになって、慌てて行ってきましたよ(大汗)。
東京上野の国立博物館で開催された恐竜博2011(なんと今日まで)
実はだいぶ前にも1度行ったんだけど、2時間待ちとか言われて帰ってきちゃったのでした。
そんなんじゃ満足に撮影もできないってんで、なんと!有給取って(爆)平日に強行です、バカです!

今回の目玉は、なんと言ってもティラノサウルスとトリケラトプスという超有名人(?)同士の鉢合わせです。
のんびりお散歩しているトリケラトプスをティラノさんが待ち伏せしている、という様子を再現した骨格標本が公開されました。

立派なフリルを持つトリケラトプス。
20111002_1

鉢合わせというか、どう見ても「あらこんにちは」という雰囲気です、だってお互い笑ってるもん。
20111002_2

そしてこれが初公開、ティラノさんの待ち伏せスタイル!
すいません、私にはウン○ングスタイルにしか見えません。
20111002_3

今回はトリケラトプスの赤ちゃんの頭骨も公開されていました。
長さ50センチほどのかわいらしい頭ですが、既に2本のツノとフリルができていますよ。
20111002_4

このトリケラトプス、去年、消滅の危機にさらされたことがありました。
古生物学会で、似たようなフリルを持つ恐竜トロサウルスと同じ種ではないかという話になったのです。
トリケラトプスは子供から成体までいろんな年齢のものが発掘されているのに、トロサウルスは成体しか発見されてないのです。
それで、トロサウルスは単にトリケラトプスの成体だったのではないか、という説が有力になったのです。
まだ議論の余地はあるけれど、トロサウルスという名はトリケラトプスに組み込まれるかも知れません。

ところがこれがどういう訳か逆に、トロサウルスが残ってトリケラトプスがなくなるというデマが広まったのですね。
原因はおそらくこの記事。
トリケラトプスが教科書から消える? : ギズモード・ジャパン
「トリケラトプスとトロサウルスは同一種であり、トリケラトプスが成長を遂げたものがトロサウルスだった」というのは間違いではないんだけど、タイトルがまずかったかもね~。
これがツイッターで大拡散されたようですが(ギズモード記事の下にショックで泣いてるツイッターが山のように。)、安心してください(笑)、トリケラトプスは永遠に不滅です!


そして実は、今回私が一番驚いたのが、恐竜が絶滅した時期のことをK-T境界と言ってたんですが、なんと!今はK-P境界と言うんだそうです!!!
あの小惑星が地球に衝突したのは6500万年前ですが、以前はK(Kreide「白亜紀」)とT(Tertiary「第三紀」)の間とされていました。
でも今は第三紀とは言わず、古第三紀(Paleogene)の間、ってことになってるんだって。
こんなこと、ついこないだまで言ってなかったよねえ!

もちろん、今回も大量のお土産を買ってきたので、後で紹介できればと思います。
で、さすがに買わなかったけど、こんなすごいのを発見。
ティラノサウルスの歯が94万5000円ですよ!!
しかも鑑定書つき!!!ほしい!これほしい~~~!!!
20111002_5

| | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »